相続した不動産は価値が下がる前に査定依頼をしましょう

土地や一戸建て、マンションなどの物件を相続で所有する際、税金が発生します。
また、自分たちが住んでいる物件でなければ、管理の手間がかかります。
管理が大変ということで放置しておくことはおすすめできません。
所有している限りは固定資産税の支払いを続ける必要があります。
また、建物自体の傷みかたもひどくなっていってしまいます。
適切な管理が行なわれないことで、時間の経過とともに価値は低下していってしまいます。
このような問題を回避するためには、物件を売却してしまうのが得策です。

物件を売るにはまず、不動産業者に査定依頼を出します。
今はウェブサービスとして、物件情報などの必要事項をフォームに入力し、送信することによって、査定依頼を出せるようになっています。
中には一度の必要事項の入力、送信で、まとめて多数の業者に査定依頼を出し、回答を得ることができる、いわゆる一括査定サイトもあります。
利用は無料で、複数業者の査定価格を比較することが可能です。
ウェブサイトの不動産売却のカウンセラー(HPはコチラ)で、優良な査定サイトが紹介されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
なお、今すぐ売るつもりはないけれど、ひとまずどのぐらいの値がつくのか、おおよその金額だけ把握しておきたいという方もいるでしょう。
先述したウェブサイトでは、相続物件まで不動産会社の担当者が訪問してくることなく、メールなどで概算の金額を提示してくれる一括査定サイトの情報も得ることができます。