新大阪で自毛植毛

自毛植毛は、1800年代から脱毛の治療法に皮膚移植が提案されて以来、長い歴史がある脱毛症の手術治療法だそうです。
今の主流は、自分自身の後頭部から側頭部の頭髪を薄毛の気になる部分へ植毛する移植手術だそうです。
中でも、FUT法と呼ばれる、頭髪の最小単位である毛包ごとに移植する手術が効果的ですが、手作業による植毛に熟練したスタッフがそろったクリニックで行う必要があります。
NHT紀尾井町クリニック新大阪では、NHT式自毛植毛と呼ばれる、最新の治療法で、実体顕微鏡(マンティス)を使って作業を行います。
結果は、人工的に植えたとは思えないくらい自然で違和感のない仕上がりになりました。
脱毛に悩む男性にぜひお勧めです。