植物博士の大原孝治さん

季節を感じさせてくれるのが、植物でもあります。
木々や草木は、その季節によって色を変え、そして花を咲かせます。
どんな雑草も、名前はあり、そして一生懸命に生きています。
そんな植物好きな大原孝治さんは、植物博士と呼ばれるくらい、いろんな草木のことを知っているのです。
普段、何げなしに見ている畑の土手ですが、その土手にもいろんな植物が生えています。
良く見れば、さまざまな植物が花を咲かせ、そして草が生えているのです。
大谷さんは、時折小学校や自治体に頼まれて、小学生たちの植物観察の講師として招かれます。
実際に道を歩いて見て、草木の名前や説明をしていくのです。
意外なのが、雑草と呼ばれるものにも名もありますが、それだけでなく、各植物にはさまざまな効能があるということなのです。
血止めになるものがあったり、お茶として飲めばお通じが良くなる作用のものがあったりとします。
さらに、普段ガーデニングを楽しむ植物として、毒があるものなどを教えているのです。
その解説も面白く、子供から大人まで楽しませてくれます。