松本雄大も気になったビットコインとアルトコインの違い

仮想通貨といえばビットコインというイメージがある方は非常に多いでしょう。たしかに私、松本雄大も仮想通貨=ビットコインと思っています。ただ、まだまだ仮想通貨というとビットコインのことをさし、ビットコインしか仮想通貨はないと思っている方もいます。しかし、実際にはそのようなことはありません。

ビットコインは仮想通貨の元祖ですが、いまはたくさんの銘柄が誕生しています。1,000種類はあるといわれているほどです。少し仮想通貨について情報収集をしてみた方の中にはアルトコインというワードを見聞きして何が違うのか気になっている方もいるでしょうが、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨銘柄の総称です。仮想通貨として有名なネム、イーサリアムやリップルもアルトコインの一種です。

アルトコインはビットコインとは取引価格が異なるのはもちろんのこと、存在意義もビットコインの欠点を埋めることであったり、決済手段とは別の用途で開発されたものであったり、銘柄によって異なる特徴を持っています。