ゲストハウスの素晴らしさとは?

ゲストハウスに人気が集まっています。
長い間、一人住まいをしてきた経験がある人から、そういう話を良く聞きます。
「仕事に疲れて誰もいない自分の家に帰るのは、寂しい。
特に構ってくれなくてもいいが、”お帰り”の一言で物凄く癒される。」
という内容のコメントを良く耳にします。
程良い人間関係を維持できるのが、寂しがり屋の人達には素晴らしい魅力の一つに成っています。
ゲストハウスは都心部においてはかならず幾つかあります。
使い慣れた人にしてみると、ホテルよりもはるかに便利な存在です。
元々「ゲストを呼んで一緒に暮らすハウス」とは、一つの家を多くの人と共有して住むことを指していましたが、日本での呼び方では「シェアハウス」とも呼ばれることがあります。
住民の皆で使用するキッチンやリビング、シャワー等の共用部と、一人ずつの個室の専用部とにわかれており、日本では専用部は相部屋はあまりなく、個室が多くなっています。
ゲストハウスの一番の魅力は、費用の低さにあると言えるでしょう。
敷金礼金、保証人がいらないのでワンルームマンションを借りたり、アパートを借りるよりかなり割安で住まいを確保できることになります。
また最近は、その程良い人間関係からくる暖かさを求めて、アパ-トから移り住んでくる人がいます。
そういうのが、合う人はとっても気にいって長期に滞在するひとがいます。
そういう人にしてみると昔の大学の学生寮の良さと少しかぶるようなところがあるようです。