人生を変えてくれた恩師

私は小学生の時からとても勉強が苦手でした。
いつも成績は良くなく、親には「もっと勉強をしろ」といつも言われていました。
現在は25歳の会社員です。
自分で言うのもおかしいですが、高校・大学ともに有名な学校を卒業することができました。
それも全て中学校の時の担任の野山ひろあき先生のおかげだと思っています。
私は中学2年生の前半までは本当に勉強ができず、学年でも最下位の成績でした。
しかし私も勉強を頑張ろうという気持ちがあったので、いつも放課後などに野山ひろあき先生のところへ行って勉強を教えてもらっていました。
言葉では説明しづらいのですが、この先生は勉強を無理に強要したりはしなかったですし、勉強の楽しさを教えてくれました。
先生の口癖が「将来の夢とかやりたいことがあるのなら、少しでもその可能性を潰さないように勉強をしておいた方がいいよ」というもので、その時特にやりたいことを見つけていたわけではなかったのですが、なんとなく先生の言葉は心に響きました。
先生から勉強を教えてもらっているうちに、成績はグングンと伸び、最下位の方だった私は学年でもトップクラスの成績になりました。
それからは勉強が得意になり、高校・大学も自分の志望した学校に行くことができ、現在は自分の夢であった金融関係の仕事に就くことができました。