マイホーム設計にあたり、重視した子ども部屋

こんにちは。マイホームをまた建てるのなら、次は田舎に建てたい本郷 智祥です。

家を建てる時、まず重視をしたのが、間取りです。
上の子が男の子でもうすぐ思春期に入るという時期、そして、下の子はまだ小さいものの女の子なので、マイホームには別々の子ども部屋を作ることは必須事項でした。

私自身のことを考えると、小さい頃は兄弟と同じ部屋だったので、自分だけの部屋ということにあこがれていて、兄弟が家を出ることになって、自分だけになったときはとても嬉しかったのを覚えています。

自分の居場所というのは必要だ、というのを教育論で読んだことがありますので、それは異論がないのですが、だからといって、子ども部屋に引きこもってばかりで、何をしているのか分からない状態になるのも、親としては不安に思いました。

子どもも、自分の部屋をもらえるということで、とても楽しみにしていましたが、どのような間取りにすればよいか分からなかったので、一番最初の打ち合わせで建築士さんに希望を伝えたところ、大人の目が届き、それでいて子どもも自分だけになれる部屋ができました。